2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2019年8月25日 (日)

ここにはそのうちまとめたいブログのネタ集を書いておきます

ここにはそのうちまとめたいブログのネタ集を書いておきます

この話聞きたいってのがあればコメントしてくれると早めに書くかもしれません

あくまで個人の考えや感想なので間違ってたり意見の食い違いはあると思います

 

ゲーム攻略サイトの変遷について

(昔はゲームの攻略本とか買っていた。最近は無料で色々見られるけど情報が氾濫してる。攻略サイトも企業が運営したり)

 

映画の感想

(去年は映画優待を活用して沢山映画を見たので感想を書こうと思ったけど時期を逃してしまった)

 

ポケモンGOトレーナーバトルの勧め

(トレーナーバトルは奥が深いけど本家ほど奥が深くないからそこそこの知識でそこそこ楽しめるぞ)

 

Youtuberって何を考えているんだろう?

(承認欲求を満たすためなのか?お金稼ぎのためなのか?vtuberは流行っているのか流行っていないのか?)

 

最近の女装文化はどうなってる?

(流行語にもなった女装子。最近はどんな話題があるのだろう?)

» 続きを読む

ブログやツイッターに投稿することについて思うこと

ブログ全く更新してないねって言われたので最近思っていることをまとめてみよう

ちょっとした話ならツイッターに書いてしまうのでわざわざブログで書くことがない

しかしながら、少し長めの文章を書きたいと思ったらやはりブログというのは便利なものである

 

残念なことにツイッターはタイムラインに表示されれば何となく目に入る機会も多くなるだろうけど

ブログはそこからワンクリックしてもらわないといけないだけに見てもらえるハードルが高い

何にせよネットにアップするということはある程度の人の目に留まることを期待して書いてるわけで、

誰の目にも触れないのはとても悲しいのです

 

なので結局ブログじゃなくてツイッターに投稿することが多くなってしまうわけですね

少し長めの感想を書きたいと思っていてもなるべく140字に収まるように頑張って書いていることが多い

このせいでたった140字を30分とか1時間とかかけて考えることもあるのです

(投稿にかける時間については実は返信の内容を考える時間もかなり長い。特にデリケートな話題だとどこまで踏み込んでいいのか分からなくて結局途中まで書いてやめてしまうこともかなり多い)

自分のツイートに引用返信して話を繋げることもできるけどタイムラインがごちゃごちゃするので個人的にあんまりそれはやりたくないです

引用返信でつなげていくとタイムラインを上から下へ遡ったときに後に投稿された文章から見ることになるんですよね

けっこうやるときはあるんですけどね。やっても2つか3つにとどめておきたいなぁ

 

それにしても1年半更新しないうちに記事作成のレイアウトが変わっていた

ちょっと使いやすくなっている気がする

記事をトップに表示する機能もついた

この機能がない場合は投稿時間を2099年にして自己紹介などを無理やりトップに表示させたりしてる人もいるよね

書きたいネタはあるんだけど時間があったら書こうかなっていうネタをトップに表示するようにしておこうかな

 

こんだけガッツリブログを書く機会が減ったのもポケモンGOのせいだね

平日でも毎日2時間はやってるしなぁ。家でもトレーナーバトルやったりと非常に時間をかけている

そのポケモンGOを色々ネタにしようとも思ってもこの手のゲームは旬の移り変わりが激しい(ポケモンGOはまだ緩いほうだと思うけど)

あと攻略サイトが乱立しているので自分がまとめるようなこともない(このゲーム攻略サイトについてはそのうち書こうと思っている)

 

ゲーム以外にしてもアフィリエイト以外で個人でブログやってる人って減ったんじゃないかなぁって思う

もしくはアフィブログが上位に表示され過ぎて埋もれてしまっているのか

個人ホームページが過去の遺物となってしまったように個人ブログも過去の遺物になってしまったのかもしれない

2018年3月21日 (水)

ポケモンGOレベル40到達

さて、2016年7月ポケモンGOが世界に一大ブームを巻き起こした
正直ここまでブームになるとは思ってもいなかったがポケモンGO発表時に

「ポケモンの新作と連動する」

という理由だけでポケモンGOをプレイしていた
一体この話はどこへ消えてしまったのか・・・
しかし、やり始めたからには辞めるわけにもいかず、どこまでも上を追い求めることになってしまうのであった

さて、まず私はポケモンGOをやり始めたのはいいが、プレイ環境がきちんと整っていなかった
さらに暑さでいきなり体調を崩す

まともにプレイができるようになったのは2016年の12月ころからだったかと思う(ただし、昼を除く)
まずGPSの問題
iPadのWi-Fi版にはGPSがついていないのでWi-FiからGPS情報を取得することになるが、これだとまともに触れるポケスト、ジムが極端に少なくなってしまう
外付けのGPS受信機を買うことで解決
次にテザリング用の端末を変更
山のほうに行くと極端に電波が受信しにくくなっていたのを解決
しかも1万円を切る格安スマホ(g06)でありながらポケモンGOを一応起動できる
これにポケモンGoPlusを使うことで、だいぶ快適にプレイできるようになった

しかし、当時は0SIMを使用していたので日中はまともに繋がらず、夜になってからの行動がほとんどだった
また、月500Mを超えないようにプレイしていいたのである程度プレイ時間も少なめになっていた
(とはいえめっちゃプレイしまくってる今でも1Gは超えない程度なのでポケモンGO自体そこまで容量の食うアプリではないのだが)

さて、2016年の状況としてはこんな感じ


2017年になって運命の?出会いが起こる
ポケモンGOの3チームの中で最も人が少なく苦戦を強いられている黄色(チームインスティンクト)であるが、強力な仲間と出会う

複数のメンバーでジムのポケモンを袋叩きにする様は爽快

Img_1271

ちなみに2017年2月当時まだレベルは32

このあたりから経験値の伸びが圧倒的に増えていく
3月にはレベル33、4月にはレベル34、5月にはレベル35と順調にレベルアップ
経験値増量イベントなどのおかげもあるが、月50万XPペースだったのが月100万XPペースくらいになっていた

そして2017年6月。ここで一旦ジムのシステムが大幅に変わり、レイドバトルが始まる
これは最後の思い出。旧ジムではジムが高くなっていくからすごくやりがいがあった

Img_1349


さて、レイドバトルが始まり大きな問題が・・・

0SIMだと昼間はまともにプレイできない

そして2017年7月末からはついに伝説ポケモンの登場
何とか朝のつながりやすい時間帯で図鑑を埋めることくらいはできそうだったが、サンダーが捕まらず断念
結局再登場期間でゲットはできたのだが、0SIMでは限界を感じた
この頃横浜で大きなイベントがあり、行ったのだけどもここでもほとんど回線がつながらず、辛うじてバリヤードを1匹ゲット
その他色違いのコイキング、色違いのピカチュウ、アンノーン2種といったところ
フリーWi-Fiを駆使して動き回るというポケモン以外の何かを探すイベントになっていた

というわけで8月下旬よりDTISIMを契約
半年無料ってことでとりあえず半年使うことにした
ここで普通のSIMがどれだけ快適なのかを知る

日中でも
ハピナスが普通に倒せる!
レイドに普通に参加できる!
ポケストが普通に反応する!

レイドバトルにより経験値も増えやすくなったので7月にはレベル36に、9月にはレベル37と順調にレベルアップ
しかし旧ジムのシステムと違ってCP高いほうがジムに残れるわけじゃないのでトレーナーレベルの重要度は低くはなっていたが

9月~11月は1ヶ月ずつ金銀の準伝説の期間
このあたりからマンネリ感が出始めてしまったが、10月末にはレベル38に
これでポケモンのフル強化ができるようになったので一旦の区切り
経験値よりも金ジム増やしたくて夜な夜なジムバトルをしていたのであった

が、12月中旬にはレベル39になっていたので月150万XPを超えるペースである
ハロウィンとかグローバルチャレンジとかのイベントを挟んだおかげでもあるとは思うが

半年無料のDTISIMの半年が過ぎるところでTOKAIホールディングスの株主優待のLIBMOの通話SIM1年無料のお知らせが来たんでうまく乗り換えられた。こっちのSIMもバッチリ動きます


そして2018年3月21日。ついにレベル40到達
1年前は月50万XPペースだったのにその3倍くらいのペースになってる
レイドバトルや経験値増量イベントのおかげは大きかったが

今後は進化マラソンはやらなくなりそうなので獲得経験値のペースは落ちるかなーとは思う
でもコインをもらうのと金ジムを増やすという目的でジム戦はバリバリやっていくと思う
図鑑もまだ埋まっていないところ多いしまだまだ終われない


さて、最後に様々なメダルの実績を・・・

Img_18411

はい。ほとんどGPSの揺れで稼いでます
夜寝てる時や会社に行くときもずっと放置してます
1時間で1キロくらい稼いでくれます
自転車で相当走り回ってるんですが自転車だと早すぎてカウントしてくれません

Img_18431

捕まえた数3万匹は平均的か少し少ないくらいかな?
進化マラソンをかなりやりまくったので

Img_18441

進化数4000。これはほぼしあわせタマゴ使っての進化マラソンに使われたものですね
少なくとも400万XPはこれだけで稼いでいることになります

Img_18451

孵化装置はレベルアップ等で入手したときのみ使った程度でわざわざコインで買ったりはしていません
このくらい孵化したら10匹くらい100%出てもおかしくないだろうにタマゴから孵化した100%はニョロモ、ゴマゾウ、タマタマの3匹だけ・・・
基本的にポケモンGOでは運に恵まれない
外れアカウントというやつか?

Img_18461

バックパッカーは多いのか少ないのかよく分からない
ポケストそんなに多くないので少なめだとは思う
ジムシステムが変わってからはジムからもアイテムが出るようになったのでやりやすくなったと思う
金ジム増やせば一度に獲得できるアイテムも増えるしね

Img_18471

レイド前に他人の実績をチラチラ見ているけどジム戦いっぱいやってそうな人でも1万超えはなかなかいないね
だってジム攻めしないと薬が無駄になっちゃうんだもん

Img_18481

これは旧ジムの実績
旧ジム時代はトレーニングメインでやってたのでバトルガールよりもエリートトレーナーの数のほうが多かった

Img_18491

人によってはなかなか埋まらないかもしれない小さなコラッタ
特にポケモンが増えると相対的にコラッタの出る確率が下がるし・・・
3000匹くらい捕獲してこのくらいです

Img_18541

イベントの度にピカチュウもういいよって思いながらまだ半分超えたくらいです
捕獲率低いからなかなか埋まっていかないんだねぇ

Img_18571

そして絶望的なコイキング
捕まえた数は200に満たない
水ソースが近くになく、第3世代が追加されてからさらに見かけなくなったため、非常に厳しい

Img_18511

Img_18521

新ジムの実績関連
きのみはジム経験値稼ぐため伝説に金ズリ使ったりレア野生にパイル使う以外はほとんどジムのポケモンに投入します。砂も僅かにもらえるしね

ジム防衛は常に2匹程度ジムに置かれてる計算になるかな?
最近は帰りが遅くて心配です

ちなみに金ジムは現在21個です

Img_18551

Img_18561

レイドバトル関連
無課金でこれを金まで持っていくには何年かかるんだーという感じ

Img_18771

タイプメダルは鋼とドラゴンだけまだ銀だね
ドラゴンはこの前のミニリュウイベントでだいぶ進んだ
鋼はココドラがそのうち稼いでくるでしょうといったところ


ところでジムバッジの数は234個だった
1000個以上になると古いのから消えるらしいけどまだまだ少ないね
もっといろんなところに行ってジムバッジ集めていきたいね

2018年1月 4日 (木)

東方天空璋感想

大変お久しぶりにブログを書きたいほど東方天空璋が面白かったので感想を書いておきます

てかまず何でこんなに時間たってからプレイした?ってとこですが、
まんだらけの優待券をこれに使いたかったのでこの時期まで待ってました

感想っていってもそこまでまだやり込んではいない状態
とはいえ霊夢(春)+春装備でノーマルクリアはできたので第2印象くらいの感想ということで

もう数ヶ月たってるものなので今更ネタバレとか関係ないと思うので気にせず書いていきますね


まず今回の機体について
4人×4種のサブ装備ということで16通りの楽しみ方ができるということですね
殆ど試していませんが・・・
とりあえず春春装備が一番クリアしやすそうだなーと思ったのでこれで集中的に練習

今回のシステムは季節解放が非常に重要になるわけですが、サブ装備によってパターンが違ってくると思いますので今後もまだまだ楽しめそうですね

とりあえずリリーホワイトは季節解放の餌


難易度については前作の紺珠伝が凄まじい難易度だったのでだいぶ楽に感じました
ただし、ある程度季節解放のパターンを作らないとクリアは難しいかなと

今作は点数でエクステンドなのである程度稼ぎにいかないといかないわけですが、あんまり無茶しようとすると1面2面でも軽くミスをしてしまう程度の難易度

あまり細々とした弾はないものの、季節アイテムが玉と混じって見づらいのが難点
春装備の場合、ピンク色の弾と混じって思わぬ被弾を招きかねない

ボス戦はかなりパターン化できそうな弾幕も多いものの、苦手な弾幕はとことん避けられない感じ
囚われの秋雨、コマ犬回しあたりは前半のステージながら決めボムです

4面5面の道中は一気にキツくなるまさに東方らしいステージでした
ボムボムで切り抜けてしまいましたがもうちょいパターン化できそう

季節解放が劣化ボム的な役割も果たしてくれるので4面以降のボスは全部ボムってもあり余るくらいの量になるかと
季節解放してもスペカ取得扱いになるので6面でもけっこうスペカ取得できてたりするのがありがたい

6面ラストに限っては歴代の6面ラスト弾幕の中でも過去最高難易度なんじゃないかと
まず最近の東方では6面ラスト弾幕でもボムが効いていたけど今回は効かない
ってなわけでボムでごり押しが効かない
ラストに2機持ち込むことができて、今回はクリアできそうか?と思っても最後の最後でなかなか削りきることができず、あと少しの壁に何度もぶち当たった

エキストラもちょっとプレイしてみたけど下から来る弾幕に慣れないといけないね
固定の土用装備といい今回はそういうコンセプトなんだね
紺珠伝のエキストラはクリアできてないけど今回はクリアできるといなぁ
(紺珠伝も諦めたわけじゃないけどね。星蓮船もかなり年数かけてやっとクリアしたし)


キャラやストーリーについて
・・・はあんまり印象に残ってない
キャラは繰り返しプレイするうちに愛着が湧くだろう
今のところ地蔵が気に入った

「私はずっと一人だけど……。森にずっと一人……。う……。」

ストーリーはこの手のアレやコレを知らないとよく理解できないというか東方のストーリーはいつもよく分かんないけどまぁいいや的な感じなのでよく分かんない
背中の扉とか元ネタになるようなのは調べれば出てくるんだろうけどとりあえず今はいいや

「え?何それ怖い」

最後に初クリア時のリプレイはこちら
2面で凡ミスしたり4面5面で嘘避けしてたりと初クリアらしいと言えば初クリアらしいリプですがクリアの参考にはあんまりならないかも

2017年3月18日 (土)

近況2017年3月

いやはや2017年も3月半ば
もうすぐ4分の1になろうとしている
歳をとるにつれて時間が過ぎるのが早く感じられるというのを実感しますね

さて、twitterもあんまり頻繁に見なくなってブログも正月以来の更新です
ちょっとネットの世界から少し遠ざかっていますね

半年以上たっても未だに医者通いしているってのもあり、
なるべく規則正しい生活をしておきたいのでなかなか色々出歩くにも都合が悪かったりするわけです

・・・といいつつそんなことよりポケモンGOが時間泥棒が実は大きな要因です
特に最近同じ市内の同色グループ同士でジム戦仕掛けたりしてて、
やはり遠くのネットワークより近くのネットワークで楽しむのがお手軽でお金もかからないってところがメリットなわけです


とはいえ、せっかくできた関係も消滅させたくない
そんな時、男の娘のイベントは重宝するわけです
明日22回目の開催でございますね
今回は参加しようと考えています
前回は不参加だったもんで1年ぶりに会うという人が多いでしょう
やはり何だかんだでここに来れば見知った人が多くいるし居心地はよい

というわけで近況報告と見せかけてイベント行くよ宣言でした
明日お会いする方々よろしくお願いします

2017年1月 2日 (月)

とりあえずC91に行ってきた

もう半年近く都内に行ってないし色々不安はあったけどとりあえずコミケに行ってきた

東武線の駅でスイカチャージしようとしたら浅草方面に行きますか?東武鉄道の株主優待券1000円で買いませんか?って話しかけてきたおじさんがいたので買った!
200円安くなるのよね。期限今日までだから必死だったのだろう
いつもは金券ショップでもうちょい安く入手するんだけど今回は行くかどうするか直前まで悩んだので優待券とか買ってる余裕なかった
夏には青春18きっぷ盛大に無駄にしたしなぁ

せっかくなのでコスプレもした。コスプレは3月の男の娘以来してないので9ヶ月ぶりか。ひぇー
ということで初出しとなったIRroidの緑優目ちゃん。(2931)
これ実際にやってみたらウィッグが重すぎてどんどんずれてきてしまうことが発覚
次回までに何とか対策せねば・・・

なので評論のあたりをちょくちょく見ただけでコスプレでコスプレ広場に行かなかったという残念さ
しかし、コスプレをしてるとコミケに参加してるなぁって気分になるのがとてもよい
コスプレをしていようがサークル参加しようが、ただ単に同人誌買いに来た人であろうが、コミケはみんなが参加者ではあるのですがね

さて、キャミソールに白衣着るだけっていう冬には寒く、夏には暑いかなーって思ってカイロを大量に準備、USBであったかくなる肩掛けとかも準備したが思いの外温かく、歩いているとむしろ汗ばむくらいでした
やはりコミケは人の熱で冬だろうとバリバリ暑い

しかし、屋外の近くに行くと冷たい風が吹き込んできて、会場内でも温かいところと寒いところの温度差が大きかったと思う
この日は非常に天気が良かったので外でも日差しのある所は温かく、日陰は寒いという温度差があった

今回は「あなたのコスプレ撮影がもっと楽しくなる本」というのを購入した
最後の1冊だったらしい
カメラに関する基本的なこと中心であるが、構図に関する説明なんかにも触れていて、ちょっといいなって思ったので買ってみた

でも構図って基礎的な部分ってのはあるんだろうけど人によってはAがいいという人もいればBがいいという人もいるだろうし、分かんないんだよねー
いざ撮ろうとする段階になると緊張してそういうこと頭から抜けてくし
こういうのは場数を踏むんだろうね

あとライティングだな
ライティングは撮影会とかのガチなやつじゃないとなかなか機材を準備するのも大変だろうし私にゃ生かせない範囲かなぁ
ま、どっちから光が当たってるからどっちから撮るとかそういうの意識できればいいんだけどそういうのもいざとなると頭から抜けてくからね
そもそもライティングだって構図と同じように好みがあるから何がいいんだかよく分かんない

ピカソの絵だって普通の人には何がなんだか分らんしな


1時間余りで更衣室に戻ってしまったので更衣室はがら空き
でも最終日はコスプレ広場15:00までなのであと1時間もすればどんどん混みあってきちゃうのでちょうどよかったかもしれない
最後に庭園で囲われてるエロっちィねーちゃんとか撮っておしまい

何だかんだで全然コミケに参加する体力なんて全然あるなーと思いつつ夏はやっぱ来たくない
でも10年くらい前に比べて参加者は減ってるか横ばいくらいになってる気がする
ニコニコが流行り出したあたりが一番やばかったようなそんな記憶がある

今回11時過ぎにいってすんなり入れたけど多分2008年夏だったかと思うけど13時過ぎでも大混雑で気分悪くなりかけた記憶がある
そういえば当時は東方、近年は艦これとか人気ジャンルがあったけど今回は何が一番大きなジャンルだったんだろう
何かあんまりこうドカッとでかいジャンルが今回はなかったのかなって思った
オタク文化の多様化だねー

日にちが違うからってのもあるだろうけど東方のコスプレもめっきり減っちゃいましたねー
今でも東方を愛してやまない私としては段々忘れられていくようでちょっと悲しいな
あんまりやかましすぎるのも好きじゃないけどさ

※追記

ついでにポケモンGOをしたりTwitterを見たりをiPadminiで先日購入したG06でテザリングさせてやっていたところ、G06のバッテリーはとりあえず朝から晩まではもつことが分かった
前に持っていたfreetelのPrioriはバッテリーがヘタってたこともあるかもしれないが、4時間しか持たなかったが、軽くその倍以上もった
帰り道でバッテリーが切れてしまって、モバイルバッテリーは持っていたものの、ここまで来たのでいちいちここで充電するのは面倒とそのまま家に帰った。ポケストップも途中にないし。1kmくらい無駄になってしまったがね

もちろんテザリングせずに待ち受けだけならもっと余裕でバッテリー食わない(てかデータ専用で電話できないのに待ち受けという表現は合ってるのだろうか)

ちなみにこの日はちょくちょくtwitterなどを確認し、通信量は150M弱
0SIMの無料範囲ギリギリだったかも
ポケモンGOで毎日ちょくちょく使ってたからね
でもポケモンGOってポケモンGOplus使うと大幅に通信量節約できるんだよね
バックグラウンドで動作させると地図をいちいち読み込まないからだと思う
ジムを数か所潰しつつ(というか最近は潰すより味方のジムをトレーニングして置く方が長生きできることに気づいたのでトレーニングのほうが多いかも。低CPでも活躍できるしね)ポケストめぐりつつ数時間で帰ってきて10M程度。
私は黄チームだけどやはり全国的に黄色は少ないらしく、うちの地域も例外ではないようだ
敵ジムを潰してポケモン置いても5分で帰ってくる
敵チームのポッポが何時間も居座ってることがあるのが羨ましい(まぁわざわざポッポ潰しに行くつもりもないが)
だからトレーニングで名誉をあげてやるほうが時間はかかるけど持ちがいい
8000トレーニングも慣れた。前のほうにカビゴンいっぱいいるとしんどいけどなー。ま、そういうジムは狙われにくいし

2016年12月30日 (金)

年末なので色々まとめていくPart4(IRroid編)

何気なく始めてしまった初めてのスマホゲームが
IRroid~恋の有効フロンティア~であった

さてこのIRroidというのはQUICKによって作り出された企業の応援キャラの女の子たちである
http://ir-roid.com/
ちなみにこのQUICKという会社、ゲームを作ったりする会社ではなく、投資情報をいたって真面目に提供している会社である
若い人にも投資に目を向けてほしいと上場企業にちなんだキャラを作っているようだ

さて、IRroidは現在100キャラくらいいるようですが、恋の有効フロンティア(以下恋フロ)に登場するキャラは25キャラ
去年の12月に公開され、少しずつアップデートによってここまで増えてきた。
そして先月11月末にはAndroid版も公開され、それに伴い大幅なシステム変更が行われた


まずはバージョンアップ前の話からしていこう
このゲーム、実際の株価と連動していて株価が安いときに買って、高いときに売ればお金(ゲーム中のお金の単位はクロワ)が増える
ただ売買はいつでもできるが、相場が動いていると気しか当然株価も変動しないため、平日お休みの人じゃないとなかなかクロワを増やしていくのは難しい(ちなみにゲーム中の株価は20分遅れで更新されるため、現実の株価を見ながら取引すれば後出しじゃんけん的に簡単に儲けを出すことができる)

さて、クロワを増やす方法はもう一つあり、それはIRroidとの親密度を上げ、恋愛株価を上昇させていくことである
(現在はバージョンアップによって恋愛株価のシステムは廃止された)
IRroidとの親密度を上げると単純に実際の株価に数%上乗せされ、売るときには株価が変わらなければその数%分の利益をまるまる得ることができる
例えば、100万クロワ分買って売るときには恋愛株価が上がっているので120万クロワで売れるので、20万クロワの利益が得られる、といった感じ
しかし、また買い戻すときは恋愛株価が上がった状態で買うことになるので、全員の親密度がカンストしてしまうと恋愛株価のボーナスによってクロワを増やすことができなくなってしまうというシステムだった
ちなみに親密度のカンスト値は20。1週間もあれば到達できる
行動力(いわゆるスタミナとかいうやつ)も3分で1回復し、プレイヤーのレベルが最大だと行動力が54まで増えるので2時間半くらいで溢れてしまう
こういうゲームだとスタミナ溢れる前にプレイしなきゃ!ってなるんだけどこのゲームの場合、
全員の親密度をカンストさせるとマジでログインボーナスを得る以外やることがなくなってしまうので、行動力が溢れても全然気にせず、時間のある時にやれば十分なゲームだった
だからこそここまでのんびりとプレイしてこれたのかなぁって思った
他のスマホゲーだったらこんなにのんびりさせてくれないと思う

このゲームの唯一の課金要素はその行動力回復アイテムであるブルドリンクのみであり、特に行動力を多く必要としないゲームなので誰がお金を払ってまでやるゲームなんだろうかと思っていた
しかも最大値の半分だけ行動力を回復できるブルドリンクハーフというアイテムはログインボーナスやランキング報酬でバリバリ得られるのでまずそれが使い切れない。今500個以上あるw
果たして総課金額はいくらなのだろう?どう考えても赤字なのだろうけど恐らくこのゲームで儲けようとは思っていないのだろう。その代り、低予算感が半端ない

IRroidとの親密度をカンストさせた後、待っているのはランキングでひたすらどこまで総資産を伸ばせるか?というゲームになっていた
実際の投資と同じく、元手が多ければ多いほどお金が増える倍々ゲームなのでトップランカーは見る見るうちに100万から始まったクロワを兆単位まで増やしていった
余りにも増えるスピードが早いので総資産の表示がバグったりしたこともあり、また、投資の上限金額が設けられるようになっていった

さて、これまでがバージョンアップ前のお話


バージョンアップ後にまず目を引くのはボイスがついたこと!
7月のキャラ追加以降音沙汰なしだなぁと思っていたらこんな準備していたとは

システムの大きな変更は恋愛株価が廃止され、恋愛ゲージというものが追加された
端的に言うと親密度がカンストしても一旦売却すれば恋愛ゲージ分のボーナスが得られ、
親密度がカンストしてからも売却すれば恋愛ゲージは0になるため、また親密度を繰り返し上げ続けることで恋愛ゲージが上がってボーナスを得られるようになった
というわけで、行動力が無駄になるということがなくなり、課金アイテムの価値が高まったと言える

他に新たにミッションというイベントが月に前半と後半2回に分けて行われるようになった
恐らく毎回現在の総資産から半月ごとに25%分のクロワを増やせというもの
ミッション達成すれば追加ストーリーを見ることができる

さて、トップランカーはこのミッションに地獄を見ることになる
バージョンアップにより、1人のIRroidへの投資上限が10億までと定められるようになってしまった
これでは10億以上持っているとどんどんミッションの達成が難しくなってしまう
(というかこのゲームは株の購入金額を指定することができず、今の資金からざっくり何%投資するという指定しかできない。そして1%未満の指定はできないので1000億以上持っているプレイヤーは一度プレゼントでも買って1000億未満に減らさないと売買すらできないという理不尽さが待っていた)

ちなみにこのバージョンアップ時の総資産は20億ほどだったか
このまま増やし続けるとどっかでミッション達成が苦しくなると思い、2度目のミッション前には大量のプレゼントを購入し、わざとクロワを減らす作戦に出た
しかし、これをやると資産がガッツリ減ってランキングがすごーく下位のほうまで下がってしまう
ランキングとミッション同時にやっていくのは困難なゲームになってしまったと思う

また、総資産ランキングが廃止され、プレゼントランキングなるものが実施されることになった
端的に言うとIRroidの人気投票みたいなもんができたというところである
上位のIRroidには追加イベントが出るかもしれないということで上位争いが熾烈
実際には一部の上位ランカーが競ってるだけなのだが・・・

これまではただひたすらクロワを増やすゲームだったのだが、これからは増やしたクロワでプレゼントを買い、女の子に貢いでいくというゲームになったというわけだ
ちなみにプレゼントを渡すのにもプレゼント1つに付き行動力3が必要で、今後は行動力あんまり無駄にできないなーと思ったのでした

また、イベント解放用のアイテムも増え、マンション5000万クロワなど、高額のアイテムが出てきた。
クロワは増やすことだけが目的だったが、イベント解放のための手段になったというところか


それにしてもバージョンアップによって削られた部分が多すぎる
主に会話とデート
カブ主(主人公)とIRroidによるノリのいいボケとツッコミがけっこう好きだったのにバッサリとなくなってしまった
会話はキャラをタップすることでキャラが一言だけランダムでセリフを言うだけのものになってしまった
連続タップであっという間に行動力消費&恋愛ゲージをためることが出来るようにはなったのだが・・・


さてまぁバージョンアップによって色々変わってしまったけど起動する回数は確実に増えましたねー
ログインボーナスさえもらわない日々が続いたこともあったし
このゲームやってる人があんまり多くない(月間ランキングですごく下位にいるから分かるけど3万人くらい)
この3万人のうち、アクティブユーザーは果たして何人?
全くプレイしていないプレイヤーでもランキングには乗るので資産がマイナスになればその順位よりも下にランクインされるのである

前述の通り、ランキングとミッションを同時にやり続けるのが困難なゲームになってきたので、ミッションのためにランキングを落とすプレイヤーも多くなりそうで、新規ユーザーでも比較的上位にランクインできそうなゲームになってきましたね
とにかく節目の10億を超えたら立ち回りを考えないといけませんね


ちなみに現実の株はどうだったかというとまぁプラスではある
浮き沈みもあったけど2月あたりの底で仕込んだ株もあったのでそこそこいい調子だったんじゃなかろうか
あとIPO当たったやつもあったし
あと株主優待クロスも覚えてしまったので毎月権利日付近はウキウキしながら株主優待のある株を探すのであった

2016年12月25日 (日)

年末なので色々まとめていくPart3(ポケモンGO編)

やっとの思いでレベル30になりました
レベル30が一つの区切りかなぁって思ってとりあえず頑張ってきた
少し家から離れるけど自転車で15分も行けばポケスト密集地帯もあるんでド田舎に比べればかなり恵まれていると思う

さて、ポケモンGO自体に課金はしていないが、環境を整えるために色々買ってしまった
まずはGNS2000という外付けのGPS
私がプレイしているiPadminiのWi-fiモデルにはGPSがついていないのでWi-Fiの電波から受信するGPS情報だと非常にふら付いてしまい、まともにプレイできなかった
こんなん最初から買っておけばよかったって思う程。8000円くらい
屋内は厳しいが屋外ならバッチリ補足してくれる。もうジム戦中にGPSエラーで弾かれることもない

ポケモンGoPlus。11月に3800円に定価で買えた
こいつは便利だ。自転車で走ってボタンを押すだけでノンストップでアイテム集めができる
あるのとないのでは大違いだ

さて、ここまできて大きな不満があった
それは通信が非常に途切れがちであったこと
ジム戦の最大の敵は通信エラー!

これまでの環境はfreetelのprioriで0SIMを入れてテザリングをする
0SIMだもんなぁ。毎月タダで使ってるSIMだもんなぁ
だからSIMを変えようかなぁと思った・・・のだが、つながる場所と繋がりにくい場所ってのがあることに気づいた
時間帯で繋がりにくくなるっていうのはMVNOにありがちなパターンだ
でも場所によるってことはSIMのせいだけじゃないのかも?
どうやら機種によって受信できる周波数ってのが違うらしいね
機種を変えたらもしかして・・・と思い、G07というGooのスマホを買うことにした

今年登場したスマホであるが、かなり低スペックな代わりに激安
中古で7000円くらいで買うことができた
さぁ、果たしてこれでどうか?思い、テザリングしてプレイしたら超快適
というかテザリングしなくてもG07でもポケモンGOは動く
しかし、ギリギリ動いてる感じで捕獲するときもカクついてやりにくいのでメインはテザリング用として使うことにする
Goplus接続ももたつくことが多いし

ところでGoplus使って移動してジム戦だけアプリ開いてってやってるとかなり通信量減らせる感じだね
数時間プレイしても10Mもいかなかったりする
けっこうマップを読み込むのに容量使ってたりするのかな?

レベル30到達ということでけっこうヘビーユーザーな感じになってきたが、まだ図鑑けっこう埋まってなかったりCP高いポケモンそんなに持ってなかったりする
一番高いのは昨日偶然出てきた野生のカビゴンCP2700超え
久々にCP???を見たよ
しかもトップレベルの評価
トップレベルのポケモン以外は強化したくなかったのでこれでやっとカビゴンも強化できる!
あとはカイリューがいれば1人前だな

・・・でもちとポケモンGOの頻度は減らしたいね。GoPlusのおかげで負荷はかなり減ったけどやっぱ体に負担がかかるわ
とりあえずレベル30になったので出てくる野生のポケモンはこれ以上レベルは上がらないっぽいし

年末なので色々まとめていくPart2(ポケモンサンムーン編)

ポケモンムーンようやく昨日殿堂入りしました
毎日IDくじ引いたりリゾート行ったりして平日はなかなか進められず1か月以上かかってしまった
しかしもうリゾートは完成、アローラ図鑑もヤレユータンを孵化しまくって交換させて埋めまくったのでもう7割以上埋まっている

正直スイレン、カキ、マオあたりの試練が一番よかったかなぁって思う
カキの試練は一番笑わせてもらえた
もうやまおとこを見るたびに思い出してしょうがない
そして今リーリエとの別れに胸を痛めている・・・
今までのポケモンでずっとこうやってついてきたヒロインがいたか?
後半髪形を変えてきたときはアニメのセレナを思い出して余計に切なくなったよ
がんばリーリエ!

第5世代以降恒例となった伝説ポケモン強制捕獲イベント
今回はすごいとっくんがあるおかげでとりあえず性格だけシンクロさせとけってところで臆病にしておいた
ホラーハウスなどでぎんのおうかんはいくつか入手済みだ
しかしこれレベル100まで上げるのってそこそこ大変そう
序盤のうちにモクローとなかよし度を上げて経験値アップさせつつ野生のポケモンとも逃げずにバリバリ戦って
GTSで手に入れたニャビーとアシマリはほぼ学習装置だけで殿堂入りまでにレベル70まで上がってはいたが・・・
(ちなみに四天王とレベル差が20近くあるわけだが、それでもけっこう途中でアイテム使ったので、もし互角のレベルで戦ってたら相当きつそうな感じがした)

第5世代のようにレベル差で経験値の量が変わるシステムなのでこれから先のレベル上げがきつくなりそう
ORASハピナス道場は神だったな

ウルトラビーストは伝説系に入るのかよく分からないけど多分準伝扱いなのかな?
カプシリーズもいるので今回伝説多めだね。第6世代で新準伝いなかった分
ただレックウザのような第3の伝説がいないのでマイナーチェンジ版は出さないつもりかな?
XYでもZが出ると思わせておいて結局出なかったもんなぁ

で、ジガルデさんもサンムーンで晴れてパーフェクトフォルムになれたが、ストーリーには絡んでこないという悲しさ
アニメで大活躍だったってことで終了かい?


殿堂入りまで70時間くらいかかった
でもサクサク進んでいけばあんまり長いストーリーではなかったかもね
いちいちここに行けっていう指図があるのがウザかったのでそれを無視して色々行こうとしても結局阻止されてしまうという・・・
島めぐりっていうからロマサガシリーズみたいなどっからでもかかってこいみたいなシステムもほんの僅か期待はしたが実際はガッチガチにストーリーが固められていたなぁって感じ
初代ポケモンって実は必ずしも順番通りにジムリーダーを倒さなければいけないわけじゃないのよ
秘伝技の関係上必ず倒さなければ先に進めないジムリーダーもいるけどカスミなんかはずっと先に進んでから戻ってもOKなのだ。ヒトカゲ選んでカスミがきついって人はリザードンになってから戻ってくれば楽勝さ

今回秘伝技をなくしたのはとてもよかったと思う
これによって旅ポケモンの自由度が上がった
殿堂入り後もいちいち秘伝要因準備するの面倒だったりするし

野生のポケモンが助けを呼ぶのはしんどい
そのせいで今回は捕獲がかなり厳しかった
しかし夢特性獲得のためにはこの連鎖やらないといけないのかー


殿堂入り後も何だかんだやることいっぱいあるね
ビースト系は捕獲しないと先に進めないっぽいので後回しで他のイベントからやってこうかな

育成系は全体的に楽になったね
ただ一般ポケモンは今まで通り理想5V出るまで粘るか4V妥協のぎんのおうかん狙いかどっちがいいかなぁ
経験値稼ぎきついってかレベル50止めが今まで普通にやってたことなので100まで上げると何か変な感じがする
フラットルールで50で対戦できるんだろうけど50で止めないと普段からレベル50のステータスが分からなくなるんだよ

お金稼ぎはきついね。Oパワーがなくなったのが大きい
ナマコブシ投げ1日2万円毎日やってますが服買いまくったらあっという間になくなった
実際技マシン買って服買ったら努力値はリゾートで上げるしお金使う要素あんまりなくなりそうだけど
あぁもう着せ替え楽しい~

年末なので色々まとめておくPart1

今年は夏ごろから不眠の症状が現れ、未だに治っていない
ある程度長くなるのは覚悟していたがここまでとは・・・

それでも日中の具合はかなり改善された気がする
一時期はゲームさえやる気にならなかったが、今は元の生活に戻ってきたと思う

とはいえ、あまり遠出するのには不安があり、コミケなんかは行こうかどうか迷ってるところでもある
基本的に気持ちの問題で行くまでが不安で行ってしまえば案外なんてことなかったりするのだが

ちなみに11月に恵里香さんに誘われ、勝田まで行ってきたが、行きはこわごわ、帰りはよいよい
結局そんなところなのである


現在も通院しながら薬をもらって飲んでいるが、ある一定以上までくると改善の兆しが見えなくなってくる
今飲んでる薬は
ドラール(15mm)
これがメインに作用する薬だろう。作用時間が非常に長く、1日以上効果が持続する。そのため、日中も眠かった・・・のだが、慣れてきてしまったせいか日中は眠くならない。どんどん耐性ついちゃうんだろうね。恐ろしい。ドラールは効果が出始めるのが遅いので中途覚醒、早朝覚醒に効果があるが、入眠障害には効果がない。幸いにも入眠だけはちゃんとできるので短時間系の睡眠導入剤を併用せずにすむ
短時間の睡眠導入剤ほどやめたときの離脱症状が重くなると聞くので、ある程度安心できるところか
実際短時間型のレンドルミンを2週間服用しただけで離脱症状が出たことがあるのでベンゾジアゼピン系といわれる睡眠導入剤とは早めにおさらばしたい・・・と思っていながらもう4か月になってしまった
睡眠導入剤は年単位で服用している人も珍しくないようなのでまだまだ短いほうなのだろうけど、なかなか治る兆しが見られないのである
とにかく5時間で目が覚める。恐ろしいくらい5時間できっぱり目が覚める
逆に5時間は安定して眠れていると安心してもいいのかもしれない。薬に眠らされている感は否めないが
その後は1時間ほど眠れたり眠れなかったり・・・なんか一度目を覚ました後、再び目を覚ますまでの記憶が非常に曖昧になっていることが多い。寝てたのか寝てなかったのか分からない
この時間は眠れない眠れないって思っている夢もよく見るし
元々睡眠時間なんて6時間くらいのことが多いし、体がそれ以上睡眠を必要としていないのではないか?というのが前向きな考えもある

ロゼレム
これも睡眠導入剤の一種であるが、現在よく使用されているベンゾジアゼピン系の薬ではない
ベンゾジアゼピン系の薬の恐ろしいところはやめたときの離脱症状であるが、これの心配がないのがよい
乱れた体内時計を正常化する働きがあるということで、補助的に処方されているといったところか
即効性はないらしいので効いてるのか効いてないのかもよく分からない。現在は8mmを1日半錠で処方されている

グランパム
自律神経を整える効果のある薬
これも実はベンゾジアゼピン系の薬ではあるが、効果が他の薬に比べてとても弱く、持続性もほとんどない
まぁ、イマイチ効いてるのか効いてないのかよく分からない
1日3回食後に飲むのがちと面倒

六君子湯
お腹の調子を整える漢方薬のようだ
眠れない+食欲がない+吐き気がするのコンボなのでこのような薬も処方されている
前は別の薬を処方されていたがそれでもお腹の具合が悪いことが多かったのでこちらの薬に変えられた
前の薬より高い。でも効果は確実に前の薬よりあるわ。食欲不振や吐き気が明らかに減った
・・・が、全くないわけではなく、今日はちょっと調子が悪い
食欲が出てきたときに調子に乗って食べ過ぎたら下痢したりもするし
1日3回食前に飲むのがちと面倒。グランパムは食後、六君子湯は食前だ


ま、こんな感じで長期戦やってます
5時間寝れれば十分じゃないかという人もいるし、あまり眠れないことを気にするほうがよくないのかもね
・・・と色々書いてる時点でかなり気にしているわけだが
実はドラールの長時間作用するはずの薬の力をもってしても5時間が限界か・・・というのが気になってしまう
メイラックス飲んでた時は4時間だったのでそれよりも眠れる時間は増えているのはありがたいが
メイラックスはドラールよりも半減期が長いけど抗不安薬なので効果もそこそこだったのかもね
半減期だけが眠りの長さを決めるわけじゃないってことだなー

«不安であることを受け入れる